箱根の日帰り温泉宿23 − オーベルジュ オー・ミラドー(元箱根温泉)

スポンサードリンク
以前の記事でご紹介したコロニアル・ミラドーの近く、フレンチの匠である勝又登氏が「食」に重点を置いた日本初の”オーベルジュ(フランス語で料理旅籠の意)”として開業したのが、このオーベルジュ オー・ミラドーです。

フランスの田舎にある小さなオーベルジュをイメージして高台に建てられたその館は、周りを森の木々に包まれた静かなたたずまいとなっていて、敷地内に植えられた木々も、訪問者をまるで包むように迎えてくれるのが印象的。

ヨーロピアンテイストあふれる客室は全6室で、部屋のタイプはスタンダードツイン、スタンダードダブル、カジュアルダブル(スタンダードツインより部屋が少し小さめ)の3タイプ。その各々が特別感の高いものとなっています。

そしてなんと言っても最大の魅力は、相模・駿河の魚や三島の無農薬野菜、熱海の果物といった近場で採れる新鮮な食材を中心に、全国から集めた選りすぐりの食材をふんだんに使った最高のフレンチがリーズナブルに味わえること。

温泉は、内湯であるジャグジー風呂やサウナの他、別棟であるパヴィヨンの露天風呂(わかし湯)や、コロニアル・ミラドーの石庭を見渡せる浴場も利用できるようになっているので、是非、本格エステと併せて楽しみたいところですね。

【昼食・エステ付入浴料】15,000円(別途サービス料10%)〜
【昼食付入浴時間】13:00〜17:00
【昼食付その他】無休(エステルームは火曜休)、要予約

【交通】箱根湯本駅から湖尻行きバスで40分、湖尻三差路下車すぐ
【住所】箱根町元箱根湖尻159-15
【電話】0460-84-7229
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。