箱根の日帰り温泉宿9 − 福住楼(塔ノ沢温泉)

スポンサードリンク
早川に架かる千歳橋のたもとにある明治23年(1890年)創業の老舗温泉宿が、福住楼(ふくずみろう)です。

創業当時にあった建物は元熊本藩士が買い取ったもので、創業から20年後の大洪水の際に全館損壊してしまったそうですが、現在ある建物も同時代の古式ゆかしい日本建築を今に伝えるもので、平成14年(2002年)には国の有形登録文化財に指定されているほど。

夏目漱石や島崎藤村、川端康成といった文豪たちが定宿としていたということでも知られ、唐破風造りの屋根を持つ玄関や、ひとつとして同じ造作のない部屋の数々、そしてその部屋が点在する広い庭といった空間が、その歴史を語りかけてくれるようです。

お湯は肌に優しいアルカリ性単純泉で、岩風呂や家族風呂の他、松の木をくり貫いて組み合わせた大丸風呂が楽しめ、食事も四季折々の懐石料理が味わえるようになっています。

文豪たちがひと時を過ごした宿で、彼らの生きた時代のことや作品に思いを馳せながらゆったりとお湯につかって時を過ごすのも、温泉宿のひとつの楽しみ方と言って良いかもしれませんね。

【夕食付入浴料】8,450円〜
【営業時間】15:00〜20:00
【その他】原則平日(空き部屋がある場合のみ)、要予約

【交通】箱根湯本駅からバスで5分、塔ノ沢下車すぐ
【住所】箱根町塔ノ沢74
【電話】0460-85-5301
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。