箱根の日帰り温泉宿20 − コロニアル・ミラドー(元箱根温泉)

スポンサードリンク
フレンチの匠として名を馳せる勝又登氏が、1986年、日本で初めて「食」に重点を置いたオーベルジュ(オーベルジュ・オー・ミラドー)を箱根に開業後、さらなる理想を求めてバリ島をテーマに開業したのが、コロニアル・ミラドー。

箱根の森の中にひっそりと佇むように存在するその癒しの空間と、アジアンテイストが香る野趣たっぷりの創作フレンチ、それにエスニックテイストあふれるエステが、日常から離れた最高のリラクゼーションを提供してくれます。

バリ島現地から取り寄せた調度品に囲まれた館内は、そこにいて、ゆっくりと温泉につかった後のエステ、そして食事といった一連のコースを想像するだけで、心が開放されそうな気がするほどの雰囲気を持っているのが魅力。

また温泉は、疲労回復や冷え性、神経痛などに定評のある元箱根温泉を源泉としているのはもちろんのこと、別棟であるパヴィヨンの露天風呂(わかし湯)や、本館オーベルジュのプール、サウナも利用できるようになっています。

食事やエステは言うまでもなく洗練された珠玉とも言えるものを味わうことができますから、大人のためのゆったりとした時間を過ごすのにピッタリの場所として、特にカップルや女性同士での利用をおすすめしたい温泉宿ですね。

【昼食・エステ付入浴料】11,025円(別途サービス料10%)〜
【昼食付入浴時間】13:00〜17:00
【昼食付その他】火曜休、要予約

【交通】箱根湯本駅から湖尻行きバスで40分、大石下下車すぐ
【住所】箱根町元箱根159-15
【電話】0460-85-2037
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。