箱根の日帰り温泉宿5 − 晴遊閣 大和屋ホテル(堂ヶ島温泉)

スポンサードリンク
早川渓谷に面した場所にあり、いつ訪れても四季折々の景色が楽しめるのが、晴遊閣(せいゆうかく) 大和屋ホテル。

最寄り駅である宮ノ下駅から徒歩で行くことが出来る他、明星ヶ岳のふもとから宿まで、専用のロープウェイ「夢のゴンドラ」で眼下に広がる景観を眺めながら行くこともできるようになっています。

そしてなんといっても、純和風造りの客室や野趣あふれる岩組みの露天風呂が最高で、冒頭に紹介したように四季折々の景観が楽しめるのはもちろん、早めに着いてゆっくりと露天風呂につかる時間があれば、日没に暮れなずむ早川渓谷の色の移り変わりを、さらに楽しむことができます。

そして、露天風呂から望むこの美しい景観を独り占めしたいのであれば、貸切風呂「ねねの湯」がおすすめ!その他にも22時から混浴になる「長寿野天風呂」など様々な形式の露天風呂を味わうことができるようになっています。

【入浴料】2,000円〜(貸切内湯・野天は30分2,000円、食事付き入浴は5,825円〜)
【営業時間】11:00〜14:30
【その他】不定休、予約不要

【交通】宮ノ下駅から徒歩で10分
【住所】箱根町宮ノ下66
【電話】0460-82-2261

箱根の日帰り温泉宿4 − そば温泉 箱根乃庵(箱根湯本温泉)

スポンサードリンク
その名が示す通り蕎麦処として有名な温泉宿で、蕎麦は北海道産の上質な蕎麦粉と屋久杉やブナ、白樺、銀杏、ビワなどから採取した樹液を使用した逸品。

そして、この蕎麦を含めて地魚や無農薬野菜を使ったこだわりの懐石料理を味わうことができます。

この蕎麦懐石だけでも訪れる価値があると思いますが、本格的な蕎麦打ち体験ができるのも面白いところ(1泊以上の場合)で、何と「蕎麦打ち認定証」までもらえるといった凝りよう。

もちろん湯の方も自慢で、大浴場が2つの他、貸切露天風呂と2004年に新設された露天風呂(男湯1、女湯1)が、たっぷりの源泉で迎えてくれます。

特に男湯露天風呂は石造り(女湯露天風呂は檜造り)となっていて、野趣あふれる入浴を楽しむことができます。

【入浴料】1,260円(貸切露天風呂は別途1時間3,000円、要予約)
【営業時間】10:00〜24:00
【その他】水曜休(祝日の場合は営業あり)、予約不要

【昼食付入浴料】5,250円(特製蕎麦懐石)〜
【昼食付入浴時間】10:00〜20:00
【昼食付入浴その他】水曜休(祝日の場合は営業あり)、要予約

【交通】箱根湯本駅から徒歩で10分
【住所】箱根町湯本492
【電話】0460-85-5388

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。