箱根の日帰り温泉宿11 − 雉子亭 豊栄荘(箱根湯本温泉)

スポンサードリンク
眼下を流れる清流須雲川と眼前の湯坂山を一望できる深い緑に囲まれた温泉宿が、雉子亭 豊栄荘(きじてい ほうえいそう)。

宿名にもなっていて開業当時から名物として供されている雉や、春夏秋冬その季節ごとの山の幸をふんだんに使った懐石料理を部屋でゆっくりと楽しむことができるようになっているのが特徴です。

客室は全室2間続きになっていて、しっとりとした和の情緒あふれる落ち着きを感じさせる趣きのあるのが、湯につかったあとの心と体を心地よく癒してくれます。

館内にある大浴場は、広々とした窓から大自然を眺めながらゆったりと入れるつくりで、箱根でも有数の自家源泉を使ったなめらかな泉質が自慢。

また、庭園に出て須雲川に向かったところにある自然石で組んだ野天風呂は、せせらぎの音を聞きながら、のびのびと体を自然の中にゆだねる感覚を楽しむことができる格別な露天風呂になっています。

箱根湯本温泉の中でも箱根湯本駅から距離があるので、隠れ家的な雰囲気が味わえるのもポイントです。

【昼食付入浴料】6,875円〜
【営業時間】11:00〜14:00
【その他】不定休、要予約

【交通】箱根湯本駅から共同巡回バスで10分
【住所】箱根町湯本茶屋227
【電話】0460-85-5763

箱根の日帰り温泉宿10 − 四季を味わう宿 山の茶屋(塔ノ沢温泉)

スポンサードリンク
早川渓谷に架かるつり橋を渡った緑豊かな場所に立っているのが、モダンな和の情緒たっぷりの、四季を味わう宿 山の茶屋です。

一歩足を踏み入れると、梁や柱の木の温もりと暖色のやわらかな灯りが訪れる人の心をほぐしてくれる宿の造りは、そこここに置かれたアンティークな家具や調度品と相まって、なんとも言えない癒しの空間を醸成。

各部屋の造りも、ロビーの雰囲気からの想像を裏切ることなく、それぞれに凝ったつくりになっていて、温泉に入った後の体をゆったりと休めることができる最適の空間を提供してくれます。

山の緑を眼前にする3つの露天風呂はどれも源泉かけ流しで、特に「岩戸の野天風呂」と名づけられた露天風呂では、大湧谷が噴火を始めた太古からあったと語り継がれる巨大な岩石がその構成の一部として鎮座しているのが、ひとつの名物となっています。

また、浴衣を選べるようになっているのもこの宿の特徴で、様々な色柄の浴衣が用意されていますから、気分に合わせて着ることを味わうのもひとつの楽しみ方になると思いますよ。

【入浴料】1,500円
【営業時間】15:00〜21:00
【その他】無休、予約不要

【夕食付入浴料】1,0550円
【夕食付入浴時間】17:00〜20:00
【夕食付その他】金、土、日曜休、要予約

【交通】箱根湯本駅から共同巡回バスで5分
【住所】箱根町塔ノ沢171
【電話】0460-85-5493
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。